DCプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)ナーの資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)は、1級から3級まであるものです。受験資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)は特にありません。しかし、一級を受験する方だけは、2級に合格している事が必要不可欠かもしれません。一級の試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)は、年金(公的な年金には、国民年金、厚生年金、共済年金などの種類があります)管理者、退職給付コンサルタント(顧客の話をきいて技術指導やアドバイスを行う相談役のことをいいます)を養成する目的で問題を作成しているのです。問題としては、確定拠出年金(一般的に、国民年金よりも、厚生年金や共済年金の方が給付額が大きいようです)制度を始めとする年金制度全般に加えて、金融商品、投資についての専門的な知識等が出題されるのです。受験費用は10500円。マークシート(いかに効率よく塗りつぶすかも、試験対策としては大切でしょう)式と記述式の混合で出題されます。試験時間は150分と120分。合格率(低い試験ほど通った後に役立つことが多いものです)は20パーセントくらいです。次に2級かと言って、金融機関の渉外担当、企業(出資しているのがどこか、誰が経営しているのかによって、色々な種類に区分されています)企業(資本金が10億円以上だと大、1億円以上10億円未満で中堅、1千万円以上1億円未満で中小、1千万円未満で零細と分類されることもあります)の年金(公的な年金には、国民年金、厚生年金、共済年金などの種類があります)担当者を養成する目的で問題が作成されています。こちらも、確定拠出年金制度を始めとした年金(公的な年金には、国民年金、厚生年金、共済年金などの種類があります)制度全般に加えて、金融商品、投資に関する一般的な知識が出題されます。受験費用は6300円。マークシート式で出題されるのです。試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)時間は150分。合格率(受験者に対する合格者の割合ですよね。受験する時の目安にされます)は40パーセントくらいです。お終いに三級だからって、金融機関の窓口、また福利厚生(社会保険制度とそれぞれの企業独自の制度に分けることができます)担当者を養成する目的で問題が作られているのです。年金(一般的に、国民年金よりも、厚生年金や共済年金の方が給付額が大きいようです)制たびに対しての知識と、確定拠出年金(一般的に、国民年金よりも、厚生年金や共済年金の方が給付額が大きいようです)に関する概略的な知識に加え、金融商品、投資についての基礎知識が出題されるのです。受験費用は、4200円。マークシート(記述式に比べると、まぐれ当たりで正解できる可能性もなくはありません)式で出題されます。試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)時間は120分。合格率は80パーセント程度です。一級と2級の合格者には認定書が発行されるのです。DCプラン(計画や案のことをいいます)ナーの資格をとる事で就職の強い味方となりますから、通信教育講座やテキスト、問題集(過去問を買うというのは試験対策の初歩中の初歩ですね)等を使って対策したらいいですよー